2011年05月25日

2011旅行記:1日目 5月21日(土)Euston-Stoke-on-Trent

ストークへは14:20Euston発のVirgin Trainで。その前に、帰りのチケットを遅い時間に変更した。初めはライヴだけ見て帰ればいいっかーと思って昼前にStokeを出るようなチケットにしていたのだけれど、アルバイトも終了したしせっかく最初で最後の近距離旅行だからちょっとくらいは観光もしよう、と変更。前にManchesterでChesterのチケットを変更したときは追加料金もなく変更できたけど、どうやら鉄道会社によって事情が違うようで、Virginはそういうわけにはいかなかった(前回はArriva Trains Wales)。変更よりも新たにチケットを買う方が安いと言われ、£15で17:59のチケットを購入。
さて時間になりホームへ。
virgin train at euston.jpg・Virgin Train
私の席はCoach:AのSeat:29A。A号車は先頭だったのでホームをずーっと歩いてたどり着く。席を探し当ててびっくり。29Aはなんと窓がない。
せっかくの快晴、イギリス郊外の風景を楽しもうかと思っていたのに、なんてこと。どういう設計ですかリチャード・ブランソンさん。
29A seat.jpg・悲しい席の証拠写真
一応他の「Available(予約されていない)」席を探してみたものの、もう空いていなかったので諦めて音楽聞きながら過ごすことに。ま、途中2駅止まるだけで15:48着予定だし。はぁ、でもざんねーん。
電車のチケットは予約購入の時期が早ければ早いほど安くで買えるという仕組みではあるんだけど、席の指定が出来る訳じゃないから、いいんだか悪いんだか・・・。安いから仕方ないのか。

時間通りStoke-on-Trentに到着。
stoke station subway.jpg・駅の地下道にあったタイル画
ここからバス。ストークは公共交通機関で見て回れるような街ではなく、自家用車向けだからなのか、駅前にバスターミナルはなく寂しい印象。

自分のメモと道路名の標識を頼りにバス停を見つけてバスを待つ。気温は低くないはずなのに、風が強くて寒かった。バス賃いくらなんだろー。
ほどなく、バスが到着。前から乗って「いくらですか?」とドライバーに聞いてみても、答えが聞き取れない−。何処へ行くのかと聞かれ「Quality Hotel」と答えた(駅でもらったパンフレットの地図に載っていたから有名なのかと思って)ものの、とにかく座れと言われただけだった。
そっか、乗降口が前に1カ所しかない。ロンドン市内を走ってるバスと違って、行き先によって運賃が変わるのか。しかしバスは走れどバス停のアナウンスも電光表示板も一切なし。困ったなと思いつつ、地図とにらめっこしていると、近くに座っていた年配の男性が何処へ行くのかと聞いてくれた。地図を指し示してこのホテル、と言うとcity centreで降りればいい、と言う。そうこうしているうちにバスはそのcity centreのバスターミナルに着いてしまった。地図だとまだ目的のホテルまで1/3は距離があるが、ここで降りればいいと言うしどっちにしろ乗り換えるか何かしないとダメっぽいので降りることにした。で、今度こそドライバーにいくらですかと聞いてみたけど、なんか無視されたので・・・何も払わずに降りました。何だったんだろう、一体。

ともかく、タダで市中心部まで来たものの、歩かなきゃならなくなった。ややこしいバスより地図見て歩く方がましかと思って強風の中を歩く。
どうにか迷わず(多分10分くらいで)17時頃ホテルに到着。
quarity hotel.jpg
チェックインするとき、スタッフの男性がちょっと感じ悪かった。私の英語理解が悪かったのもあるかもだけど。
quarity hotel 2nd floor.jpg・部屋に通じる廊下
room 218 1.jpgroom 218 2.jpg
room 218 3.jpgroom 218 window.jpg・窓から
2ndフロア(日本の3階)218号室。
£55ならこんなもんでしょう。

一息入れて、ライヴ会場の確認と付近の散策に出発。でも田舎で土曜日だから18時に閉店とかいうところが多くて、ライヴ前に脚が疲れるのもアレだしってことで、1時間も時間をつぶせず部屋にまた戻ってきた。
以下、ライヴに関してはこちらの記事で。
5/21 The Hoosiers@The Sugarmill Stoke-on-Trent
23時半頃、帰着。
シャワー浴びる。シャワーヘッドの穴の1/3くらいが機能してなくて、シャワー浴びてる気がしない・・・。

ホテルに併設してあるバーからなんだろうけど、すごい音が響いてくる。Kings of LeonとかFoo FightersとかQueenとかを大音量でかけてて、部屋に置いてあるティーカップが振動で震えてカタカタ音を出しているくらい響く。ここ3階だぞ。
結局深夜1時きっかりまで続いた。その頃に私も寝入ったと思う・・・。
posted by miyuki at 01:46| Comment(0) | Stoke-on-Trent 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。