2017年06月16日

Melbourne 2017 May: 3日目 5月20日(土) Old Melbourne Gaol & Lygon Street

7時頃起床。メルボルン市内でおしゃれ朝ごはん(?)するなら最後のチャンスなので、Fitzroyあたりでどこかのカフェに行こうと思っていたものの、予定していたカフェは土曜日は朝8時開店とかで私の朝ごはんには間に合わないので、とりあえず出かけて、開いてるカフェに入ればいっか、とまず出かけることに。おなかすいたし。

7時半頃Brunzwick St着。が、がらーんとして静かでカフェとか全然開いてない・・・。シドニーならどのエリアでも、土日でも、朝7時前後からたくさんのカフェが朝食やコーヒーのために営業していて、歩道にテーブルが出て皆がわいわいと食べている、っていう風景が見られるはずなんだけど・・・。

しばらく歩いてみて、結局昨日ケーキを食べたのと同じカフェが営業していたのでそこで朝ごはんすることに。
外観も撮ってみた。
gourmet cake cafe 1.jpg
gourmet cake cafe.jpg

朝食系メニューはいろいろあって迷ったけど、シンプルにpumpkin soup & toast $7.5にした。
pumpkin soup.jpg

コーヒーも頼んだはずなのに出てこず、代わりにお水が来た(飲み物を注文しなかった人に出していると思われる)。
スープもパンもおいしかったけどcoriander(パクチー)が入ってた(ちょっと苦手)。いろいろとおしゃれ朝ごはんになり損ねた・・・。

8時半頃カフェを出て、ぶらぶら歩く。Brunzwick Stを北へ歩いてMelbourne Museumを横目に見て通り過ぎ、
melbourne museum.jpg

Royal Exhibition Buildingも写真だけ撮って素通りし、
royal exhibition building.jpg
Victoria Stを西へ進み、Old Mebourne Gaolへ。
Old Mebourne Gaolはその名の通り旧メルボルン監獄。オーストラリアの悪党として名高い(らしい)Ned Kellyも収監されていたところ。
gaol entrance.jpg
9:30オープンと同時にAdult$25(約2,200円)の入場料を払って中へ。

建物は小さいのだけど、そこに監房がびっしりと。よく考えたら監獄を見学するなんて私は初めてでは。一部の部屋は空だったり締め切りだったりしましたが、デスマスクなどとともに囚人の経歴・犯罪の内容、どのように処刑されたかなどなどが紹介されていました。全ては読むことができませんでしたが。
gaol 1.jpg

絞首台
gaol 2.jpg

懲罰の道具
gaol 3.jpg
しかし本館(?)を見終わった後、同じチケットで観られるはずの他の施設への行き方が分からず、それらしき建物に着いたものの扉は閉まってるし案内板もないしで早々に諦める。
期待(どんな?)していたほどではなかったかも。囚人なりきりツアーにも参加できるはずだったのだけど、よく分からなったし、どうでもいっか、みたいな気分になって諦めてしまった・・・。

来た道をそのまま戻り、Victoria Stを渡って11時前、Lygon Streetへ。ここは「イタリアンレストランが沢山ある」とハウスメイトに聞いてきたところ。
Lygon Street PrecinctはQueensberry Streetを過ぎたところから始まっていて、いやシドニーのイタリアン街: Leichhardt以上に、両側にイタリアンレストランがずらり。

くるっと一通り見てまわり、カジュアルなレストランCafe Notturnoへ。
Cafe Notturno.jpg

フェットチーネカルボナーラ$17.5でランチ。
Cafe Notturno 2.jpg

ものすごくおいしい!ってほどではなかったけど、満足、満腹。

またあてどなくシティに行き、雑貨屋など含め歩きに歩いたけれど、結局何も買い物できず、3時の休憩にまたLygon Stへ戻る。
歩き疲れていたからか、最初に目に入ったイタリアンレストランがデザートメニューを出していたのでそこに入ってしまったけれど、よく見ると高いしお客さん誰も居ない・・・。
そして自家製ティラミス($12.9)とフラットホワイト($4.9)を頼んだものの、運ばれてきたのがコレ。
La Spaghetteria Ristorante.jpg
あのー、お水を入れるグラスと同じのが、お高いhome-made dessertに使われてますけど・・・。
しかもこのグラスがおしゃれなものだったらお水のと一緒でもいいようなものの、ノーブランドで少しくすんだグラス。
味も、コレ昨日作ったやつ?って感じでぱさぱさしていたし、コーヒーもあまりおいしくなくてがっかり。これで合計$17.8(約1,500円)とはねぇ。

伝票を持ってきてもらうとき、「Did you enjoy that?(おいしかったですか?みたいな感じで、レストランなどではよく聞かれる)」だか何だか、感想を求められたので、「あんまりだったね。しかもこのグラス見てよ、お水のと同じだし。デザートにはもっとマシなの使った方がいいよ」とお伝えしました。お店はLa Spaghetteria Ristorante。もう行くことはないと思うけど、やれやれ全く。

さてお口直し+夜軽食に、Lygon St入口にあったTurkish(トルコ料理)の店、その名もI Love IstanbulでSpinach & Fetta Borek(ほうれん草と山羊のチーズ)の三角のパイを$9で購入。
I Love Istanbul.jpg
I Love Istanbul 2.jpg
軽食にしてはちょっと割高ではあるけれど、期待していなかったのに「温めますか」と聞いてくれてあたためてくれて、しかも1個しか買ってないのにちゃんと箱に入れてくれて、そしてレジの女の子が手提げ袋に入れてくれたんだけど、日本のコンビニでお弁当を入れるときに使うような、底マチの広い袋がなくて、普通の袋にどうにかして傾かないように入れようとしてくれたんだけど、でも当然無理ですごく申し訳なさそうな顔をしてくれたりと、微笑ましかったです。ありがとう!
Spinach & Fetta Borek.jpg
歩いて帰る道すがら、Carlton Gardensのベンチで食べました。これ私の膝の上に箱を置いてるんだけど、いま改めて見ると、こんなに大きかったっけ?写真映えするものでもないけれど、外皮はパリパリで、中身共々おいしかった・・・v 落胆デザートから立ち直るのには十分でした。
今回の旅行で、夜軽食はハズレなかったなあー。

17時頃帰宅。LisaとパートナーのCamが居て彼とは初めて顔を合わせて挨拶。今日何したの?など聞かれたので軽く雑談。彼らはこの後夕食に外出するとのこと、私は歩き疲れたし明日の朝が早いので、と辞して部屋に戻りました。
帰りのフライトはオンラインチェックインできた!そして19時頃早々にベッドへzzz
posted by miyuki at 19:57| Comment(0) | Melbourne 2017 May | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。